台湾の葬式 流れやマナー、日本と違うところ

台湾 お葬式 流れ マナー

この記事では

  • 台湾の仏教式のお葬式
  • お葬式までの流れ
  • 参列者の服装やマナー、注意すべきこと
  • 日本と大きく異なるところ など

昨年の暮に、長らく体調を崩していた90歳の阿嬷(義父方のおばあちゃん)が生涯を終えまして、初めて台湾でのお葬式に参列することになりました。

台湾のお葬式は長いです。とにかく長い。

予めどんな流れで行われるかがわからないと、終わりが見えなくて辛いです。

私が参列当時はネット上にも情報が少なく(今は記事にしている方がいます)全貌が掴めず、かなり葬式疲れしてしまいました。

そこで今後台湾のお葬式に参列予定の方の参考になればと、流れやマナーをまとめてみました。

※この記事にまとめたのは仏教式のほんの一例です。台湾のお葬式は家庭や信仰によって多種多様です。

スポンサーリンク

台湾のお葬式 日程や流れ

日本のお葬式は長くとも一週間以内には終わるかと思いますが、台湾ではすぐに執り行われるわけではありません。

日取りやら何やらを考慮した結果、式まで一か月なんてこともざらにあります今回も12日も間が空きました。

その間何をしていたかというと、ひたすらお経を読んでいました

日本だとお坊さんが読むお経を遺族が聞いている形ですが、台湾では経本片手に遺族も一緒に読みます。

経本 台湾 仏教 お経

この日はこの他に2冊ほど読んだ。

台湾 葬式 流れ お経

注音がついているが、できないのでわからない漢字は空耳でなんとかする。

ジャムサンド
ジャムサンド

お坊さんがいないときは遺族が自主的に読むよ。

スポンサーリンク

台湾のお葬式 1日目

阿彌陀佛を唱える

ご臨終の連絡を受け、おばあちゃんの家に駆けつけました。

するとリビングには既にご遺体安置場所が設けられていました。

出典:明德生命禮儀公司

この日は横たわる阿嬤に向かって、実に5時間半も「阿弥陀仏」だけをひたすら繰り返しました

一日目にして喉がやられました。

ジャムサンド
ジャムサンド

お経は何日も続くから適度に口パクも挟んで喉を休めたほうがいいかも・・・

お着替え

お経を読み終えたら納棺師さん二名がカーテンの中で生前着ていた私服に着替えさせます。

日本のようにオープンにササッと着替えさせるのかと思いきやカーテンが閉められ、何やらビニールがシャカシャカ擦れる音がしきりに聞こえてきました。

出てきた納棺師さんの手がちょっと生々しい汚れ方をしていたので、あまり見ないほうがいいのかな?と思いました。

巨大冷蔵庫に安置

着替え終わると巨大な横型冷蔵庫が登場し、そこにご遺体を安置します。横にラジカセを置いてお経を流し続けます。

スポンサーリンク

台湾のお葬式 2日目

お経を唱える

出典:明德生命禮儀公司

朝7:30からガレージの祭壇で2時間お経を読みました。リビングのご遺体安置場所にいる魂をガレージの祭壇に移すのだそうです。

ちなみに前日に何も伝えられておらず、「10分後からお経読むぞ!」といきなり起こされました。

ジャムサンド
ジャムサンド

大事なスケジュールを事前に周知しておかないのは台湾団体行動あるある

スポンサーリンク

台湾のお葬式 3〜11日目

毎日お経を唱える

毎日2時間くらいお経を読みます。遺族だけではなく、お寺のボランティアが一緒に読んでくれたりします。

また、22:00まで祭壇の前に誰かしらがいないといけないそうです。

告別式会場が完成

そうこうしているうちに家の前の道路片側一車線をふさぐ形で豪華な会場ができていました。

出典:明德生命禮儀公司

きれいな池?つきです。ここは参列者が最後にお清めするために使います。

出典:誼脩生命禮儀公司

スポンサーリンク

台湾のお葬式 12日目

一日中お経を読む

お坊さん5人態勢+お寺の信徒さん+遺族の総勢40人でお経です。小休憩を挟みつつ 朝8時半から夜6時まで読み続けました。

厳かな雰囲気で進行するはずが

  • お坊さんお眠につき、お鈴チーン!をかすりまくる
  • 飲むヨーグルトを差し入れする
  • その結果お坊さんがお腹を壊してしまう
  • お経中もLINEの通知音「LINE🎶」が鳴り響く
  • ゲップも通常運転で放たれる

などなど、私的にはとんだハプニングがたくさんありましたが、台湾人達は気にしていないようでした。

ジャムサンド
ジャムサンド

ゆるい。

ミニ楽団による最後の音楽会

夜は生前好きだった曲を聞かせる会をしました。

おばあちゃんは日本統治時代生まれで、6年生まで日本語教育を受けていたこともあり、好んで聞いていたのも日本の曲ばかり。

出典:誼脩生命禮儀公司 喪禮服務

ミニ楽団(二胡、キーボード、笛、琵琶)にお願いして美空ひばり、五木ひろし、谷村新司、夏川りみなどの曲を演奏してもらいました。

ジャムサンド
ジャムサンド

義家族は私より日本の歌謡曲に詳しいよ。

納棺

まずは軽トラの荷台に載っているお棺に遺族一同土下座。(外なので石ころが膝にささって痛い)

「南無阿弥陀仏」を唱えながらお棺を部屋に入れ、巨大冷蔵庫からご遺体を出して納棺します。お化粧もここで施します。

それから一列になってお棺の周りをぐるっと一周しながらお別れの言葉をかけました。おばあちゃんの姿が見られるのはこれで最後ということでした。

スポンサーリンク

台湾のお葬式 13日目

告別式

お経を読みまくる長い日々を経てやっと告別式です。遠い親戚や知人はここから参加となります。

ここまでの12日間でかなりのカルチャーショックがありましたが、ここで最大のびっくり。

式はなんと、朝6時から・・・!(理由は後述)

朝早くにも関わらずたくさんの方が参列していました。ちょうど選挙直前だったので、候補者が票集めにお線香をあげに来ていました。他にも現議員や消防署からなど、生前全く面識がなかった人も参列していました。

ジャムサンド
ジャムサンド

通りすがりの人でも入ろうと思えば入れそう。

親族は「孝服」というガウンのようなものをまといます。

出典:孝服-黑袍 – 金豐禮儀社

うちは黒でしたが、白い考服もあります。

昔の中国では白が基本だったらしく、外省人は白を着ることが多いとか。

ですが、基本的には白黒どちらでもいいそうなので、白を着ているから外省人というわけではありません。

出典:尚荷禮儀公司

告別式でもいつものようにお経を唱えるのですが、ちょっと豪華にBGM付です。

ミニ楽団がお経に合わせて壮大な感じのBGMを奏でてくれます。

ジャムサンド
ジャムサンド

朝6時から公道で爆音お経

スポンサーリンク

火葬、骨上げ

火葬場は予約制ではなく、到着順だそうです。(南投)

なので式が終わったら光の速さでバスに乗り込み、火葬場へ向かいました。

ジャムサンド
ジャムサンド

朝6時に式を開始したのは、火葬場の混雑時間を避けるためだったというわけ!

台湾では土葬が主流だったのですが、近年は墓地として確保できる土地が少なくなっているそう。そこで最近は火葬が増えているそうです。

今回台湾家族は初めての火葬だったようで、骨上げも初体験。

いとこ
いとこ

排骨酥を揚げているみたいだ〜あはは!

と言っていました。

出典:酥炸排骨酥 by Joy廚房煮食 – 愛料理

というのも、台湾ではお箸と網を使って骨上げするので、その様子が揚げ物を調理する様子に似ていると感じたそうです。

ジャムサンド
ジャムサンド

いとこ達はいつも不謹慎なことばかり言ってるよ。(すき)

お清め

火葬場から自宅に帰ったらお清めをします。

焼いたお札やら葉っぱやらが入った洗面器の水を軽く身体にかけて終了です。

出典:尚荷禮儀公司

スポンサーリンク

台湾のお葬式での服装、マナーやしきたり、注意すべきこと

服装は暗い色で動きやすいもの

必ずしも黒でなくてもいいのですが、暗くて柄などが入っていないものがいいそうです。

近しい親族はお参りで何度も膝をつくので動きやすい服装がふさわしいと思います。(膝をついたり立ったり、運動さながらでした)

日本のような小奇麗な黒ワンピースにストッキングは浮いてしまううえに、お参りが大変です。

ジャムサンド
ジャムサンド

私はユニクロで調達したダークトーンのロンT+ジーンズ+白スニーカーで過ごしたよ。

補足

  • お祝いの色とされる赤が入っている服は避けた方が無難
  • ただし逝去者が80歳以上なら長寿のお祝いの印として赤を身につける場合もあるそうなので要確認
  • 靴は白が好ましいと言われる場合もある

男性は髭を剃ってはいけない

台湾 葬式 マナー 服装

お葬式までの期間は男女ともに憔悴している様子でいることがいいのだそうです。

なので男性が髭を剃らないのは「日々のルーティーンを忘れるくらい憔悴している」という意味があるそうです。

ジャムサンド
ジャムサンド

昔は髪も洗ってはいけなかったらしいよ・・・!

家じゅうの電気をつけておく

台湾 葬式 しきたり

ご遺体はすでに家に安置されていても、魂は亡くなった場所に留まっているかもしれません。なので亡くなった場所(病院など)から家まで灯りを目印にしてちゃんと帰って来られるように全ての部屋の電気をつけて明るくしておくそうです。

ジャムサンド
ジャムサンド

寝るときも消灯せず

暗くないと寝られない人はアイマスク必須です。

台湾のお葬式では意外と体力を使うので、しっかり休息をとりましょう!

スポンサーリンク

素食(精進料理)を食べる

肉や魚は食べられません。

普段から素食の人が少なからずいるので、素食レストランを探すのは難しくありません。

コンビニにも素食カップラーメンがあります。

台湾 素食 ベジタリアン 精進料理 葬式

一見サーモンのようだが、実はこんにゃく。

台湾 カップラーメン ベジタリアン 素食

素食のカップ麺。これはけっこうイケる。

ジャムサンド
ジャムサンド

味噌汁を作ろうとしたら出汁にかつお節が入っていてNGだった・・・あぶないあぶない。

スポンサーリンク

日本と大きく異なる台湾のお葬式

イメージしていたのと違ったところ、びっくりしたことなど。

黄色(金色)が基調

日本だと白黒ですし、なんとなく台湾もそうなのかなと思っていたら黄色が基調になっていました。

先述の部分で紹介した写真も黄色が多かったかと思います。

これは厳密にいうと黄色ではなく金色だそうです。

なぜ金かというと、冥土でもお金に困らないようにだそうです。

お経が歌のよう

日本のお経とは違って独特の抑揚と伸ばしがあり、歌に近い感じがします。

ジャムサンド
ジャムサンド

お坊さん達がボーカルfeat.木魚&お鈴のバンドに見えてくるよ。

この動画の2:00あたりから歌っぽくなっていきます。途中からかなりスピードアップします。

たまに手元の経本に載っていない言葉を読んだり、「さぽさぽもしもし」のような何語かわからない言葉も入ってくるので結構忙しいです。

お経空耳アワー All money go my home?

お経を読んでいると何度か手元の経本に無い言葉を読むところがあります。そういう時は空耳でお坊さんに合わせましょう

その中で、どうしても「Oh my baby home~」にしか聞こえないところがあり、とても気になってしまいました。

ジャムサンド
ジャムサンド

「Oh my baby home~」ってところあるよね?!

義父
義父

違うよ、あれは「All money go my home~」だよ。台湾人はお金好きだからな!はっはっは!

正しくは「嗡瑪尼唄美吽」(チベット語)だそうです。こちらの00:33あたりからです。

スポンサーリンク

胡蝶蘭を贈る

胡蝶蘭といえばお祝いごとのイメージがありますが、台湾では葬儀の際に胡蝶蘭を贈るみたいです。(日本でも胡蝶蘭を贈るのは問題ないそう。)

会場いっぱいに贈られましたが、色は紫と白で見事に揃っていました。

台湾 仏花 葬式

紫か白がスタンダードのよう。

台湾 葬式 仏花 コチョウラン

うちの両親から。

そんな中一つだけ黄色の胡蝶蘭が。

「あれは誰からなんだ?ああ、日本人か(察し」と一際目を引いていたこれは私の両親からのです。

義母
義母

私が手配したのよ!日本人からだから黄色にしてみたの

ジャムサンド
ジャムサンド

ありがたいけど、空気読めない日本人みたいになっちゃった・・・

香典は紅包で(赤いお祝い用の封筒)

一般的に香典は白包(白い香典用の封筒)で渡します。ですが、亡くなった方が80歳以上の場合は長寿のお祝いとみなすので紅包で渡すそうです。

どちらもコンビニで入手可能です。

台湾 葬式 香典

ちの両親から。白包を用意してしまったので包み直した。

お葬式に参列してはいけない人

亡くなった日にちと相性が悪い干支というのがあるらしく、該当する人はお葬式に参列できません。

いとこがちょうど該当してしまったので、お葬式前夜から姿を消していました。

この慣習を無視して参列してしまうと、逝去者にも参列者にも悪いことが起こるそうです。

式会場の入口の看板に該当の干支が書いてあるので確認しましょう。

スポンサーリンク

ポエが揃うまで帰れま10

台湾 葬式 ポエ

出典:櫻桃小妞の世界

火葬の後にお寺に寄って、ボァーポエ(赤い三日月型の木片を投げる)をします。

裏表セットが出るまで続けます。

 

ジャムサンド
ジャムサンド

出なかったらどうするの?

義父
義父

出るまでやるんだよ・・・

お葬式が終わった途端に断捨離

火葬が終わり、家に戻ってきたところで一息つくのかと思いきや、いきなり断捨離が始まりました。

生前気に入っていたものや価値の高いもの以外は潔く捨てていきます。

ジャムサンド
ジャムサンド

遺品整理のスピード感半端ない

なかなかお墓に入れない

てっきり火葬したその足で埋葬するのかと思いきや、お寺にしばらく置いておくそうです。

まずはお坊さんに毎日お参りしてもらってから遺骨をお墓に移すとか。

遺骨を移す日は占いで決めます。

最近は土地不足や費用の関係で、お墓に移さずにお寺の供養塔で管理してもらうことも増えているそうです。

スポンサーリンク
記事をTwitterに公開したところたくさんのコメントをいただきましたので、以下に紹介させていただきます。

台湾のお葬式の日程について

台湾のお葬式で香典はいくら包む?

台湾のお葬式といえば泣き女?

中華圏のお葬式ではゲップは当たり前?

ジャムサンド
ジャムサンド

お経にコーラってなかなか斬新な組み合わせ

 

スポンサーリンク

台湾のお葬式を終えて・・・

阿嬤が亡くなってから既に半年以上経っていますが、親族が交代で毎週のように片道3時間かけて田舎のお寺にお参りに行っています。

お葬式までの期間が長いのもそうですが、基本的に弔いにかなり時間をかけるのが台湾(うちだけ?)のやり方なのかなと思いました。

それから、お葬式までの期間は集団行動が続くので体調管理にはいつも以上に気をつけたほうがいいと思います。

うちは一人が風邪を引いたのをきっかけに赤ちゃんから大人まで集団感染してしまいました・・・。

長い儀式からの疲労もありますし、休める時間はしっかり休んだ方が身のためです。

(ここからは思い出話です。)

生前、阿嬤は数ヶ月に一度、台北に長期滞在していたので、その期間は毎週末親戚で集まっていました。

その度に「腹減ってるか?」と男言葉の日本語で聞いてくれていました。きっと日本統治時代の先生が男性だったのだと思います。

うちの両親が来たときには普段はなぜか隠していた日本語能力を最大限に発揮して会話しており、台湾家族もびっくりしていたのもよく覚えています。

なんでも高級品が好きだったので、レストランに連れて行く時は実際の1.5倍の値段を聞かせて喜ばせていました。笑

ギャンブル(というかお金)も大好きでよく賭け事をしていた阿嬤、天国でもお金たくさん稼いで贅沢に暮らすんだよ〜!

コメント

タイトルとURLをコピーしました